MENU
資料請求

【完全無料】ハウスメーカーの資料一括請求サイト3社まとめ【営業ナシ】

ハウスメーカー資料請求サイト3選

この記事ではハウスメーカーの資料請求に関する注意点と、安心できる資料請求サイト3選をご紹介します。

この記事を読めば、資料請求でよくある以下のような質問も、すべて解決できるようになっています。

  • 個人情報を渡すことで、しつこい営業を受けない?
  • 利用料金はかかるの?
  • どんな資料がもらえるの?

実際に僕もマイホーム検討中に資料請求サイトを利用したので、その時の感想も交えながら書いていきますね。

この記事を書いた人

この記事を書いた人

ちなみにこの記事を書いている僕は、某大手ハウスメーカーの現役社員です。

今回はハウスメーカー側の視点についても触れていきたいと思います。

【結論】資料請求サイトは心置きなく使うべき

【無料】資料請求サイトは使わないと損です

この記事の結論は、ハウスメーカーのカタログを集めるなら、資料請求サイトは有難く利用させてもらおう、です。

実際に僕も資料請求サイト3社を利用して、しつこい営業もなく、無料ですぐにカタログが全て揃ったからです。

資料請求にかかった時間は、3つのサイトすべてを合わせても、スマホで15分程度。

スーツくん
スーツくん
食後ソファーに寝ころびながら入力しただけ!

カタログはいわば“住まいづくりの教科書”のようなもの。

これから1つのハウスメーカーに3000万円以上の大金を支払うのに、気になるハウスメーカーのカタログさえ持っていないのはちょっとマズいですよね…。

※カタログは無料で集められるので、パパっと集めちゃおう!!

資料請求でもらえるもの

ライフルホームズの資料請求してみた

ハウスメーカーの資料請求でもらえるものは以下の通りです。

  • 住宅総合カタログ
  • 商品ガイドブック
  • テクノロジー系
  • 建築実例集
  • (間取り&見積もり書)

資料請求サイトによっては、カタログの種類を選べるところもあります。

なんにせよ無料なので、もらえるカタログは全部もらっておこうという姿勢でOKです。

間取りプランや見積もりがもらえるサイトもある

タウンライフ家づくりの間取り

資料請求サイトのなかには、間取りプランや見積もり書を作成してくれるところもあります。

実際に何社ものモデルハウスを回るのが面倒くさいという人は、カタログと一緒に間取りプランや見積もりを依頼するのもアリです。

資料請求でよくある疑問や不安を解決します

営業の有無や利用料金など、はじめて利用する時っていろいろ不安ですよね。

実際に利用して確かめてみたので、ぜひ参考にしてみてください。

営業の電話や訪問は、事前に回避できます

しつこい営業は事前に回避できます

資料請求サイトで入力した電話番号や住所に、しつこい営業がありそうで不安…

そんな人もご安心を。事前に「連絡はメールだけにして」と書いておけば大丈夫です。

僕は合計20社以上に資料請求をして、直接訪問や電話営業はゼロでした。

※メールは何通か来ましたが、返信しなければ、それっきりです。

▼自由欄に記載しよう▼

タウンライフ家づくり

資料請求サイトには「ご要望」「備考」などの入力欄が必ずあります。

そこに以下のような内容を記載しておけば、それで十分です。

電話でのご連絡はお控えください。メールでご連絡いただければと思います。

これで営業の電話や直接訪問は回避できます。

むしろ、資料請求サイトを1度通すことで、営業を受けずにカタログを集められるといった感じです。

スーツくん
スーツくん
※モデルハウスやメーカーの公式HPだと、必ず営業を受けますからね…

▼万が一電話がかかってきた時の対処法や断り方はこちら▼
>>【ハウスメーカーのカタログ請求】営業を受けないたった1つの方法

無料?⇒お金は一切かかりません

【無料】ガチでお金はかかりません

「無料」って言いながらも、どこかでお金を取られたりするんじゃないの?

資料請求サイトは最初から最後まで無料です。実際に僕は今日まで1円も払っていません。

▼なんで無料なの?▼

注文住宅では、契約1件につき3000万円以上のお金が入ってきます。

この見返りを考えれば、カタログを無料で渡して何かのキッカケになれば、ハウスメーカー側も万々歳。

カタログが無料というのは、この業界では当たり前のこと。遠慮はいりません!!

地元の小さな工務店も資料請求できる?

地元の小さな工務店も資料請求できる?

残念ながら、資料請求サイトもすべての工務店やハウスメーカーをカバーしているわけではありません。

掲載料を払えるだけの資金力が必要なので、「地元の工務店がない」といったケースは出てくるかと思います。

スーツくん
スーツくん
どの資料請求サイトも「地域」で絞れるので、依頼する前に確認してみてくださいね

ハウスメーカーのおすすめ資料請求サイト3選

ハウスメーカーのおすすめ資料請求サイト3選

資料請求サイトは世の中にいくつかありますが、今回紹介するのは以下の条件を満たした【安心できるサイト】です。

  • 住宅メーカーの掲載数が多い
  • 利用者が多く、実績が豊富
  • プロ目線で信頼できる会社が運営している
  • 営業の電話や訪問がないことを確認済み

いずれも完全無料なので、3社すべてを利用するのもアリです。

というわけで、ここからは資料請求サイト3選をご紹介します!!

【1】ライフルホームズ

「ホームズくん」でおなじみのライフルホームズは、シンプルにカタログをたくさん集めたい人におすすめのサイトです。

ライフルホームズの特徴

  • 予算やテーマで絞り込み可能
  • カタログの種類が選べる
  • サイトがきれいで使いやすい

実際に僕はライフルホームズ経由で、6日間で20冊以上のカタログを集めました。

ハウスメーカーごとにカタログもいろいろ選べるので、カタログ集めだけならライフルホームズ1択です。

ライフルホームズ(公式サイト)はこちら

 

▼詳しい体験談や口コミはこちら▼
>>ライフルホームズの資料請求の体験談レビュー

②タウンライフ家づくり

タウンライフ家づくり

「タウンライフ家づくり」はカタログと合わせて、間取りプランや資金計画まで無料でもらえるサイトです。

住宅展示場に行かなくても、自宅で複数社のプランや見積もりを比較できる神サービスです。

タウンライフ家づくりの特徴

  • 間取りや見積もりも各社からもらえる
  • 住宅展示場に行く手間が省ける
  • 入力項目は若干多い

実際に僕もタウンライフ家づくり経由で、間取りプランや見積もりを5社からもらいました。

「無料でここまでやってくれるのか」と驚く人も多いですが、実際にモデルハウスへ足を運んでくれるキッカケになるなら、ハウスメーカー側も頑張るもの。

完全無料で累計112万人以上が利用しているので、気になる方はぜひ。

タウンライフ家づくり公式サイトはこちら

 

▼詳しい体験談や口コミはこちら▼
>>タウンライフ家づくりを正直にレビュー

③スーモ(SUUMO)

スーモ(SUUMO)

スーモは地元の工務店なども多く登録されている資料請求サイトです。

サイトの使い勝手は少しビミョーですが、他のサイトでは候補に出てこないような地元の工務店もヒットすることがあります。

ライフルホームズで探して出てこなかった場合は、スーモで検索してみるのがおすすめです。

suumo(公式)

揃えておきたい!おすすめのカタログを紹介

ハウスメーカーのカタログには、以下のようにいくつか種類があります。

  • 総合総合カタログ ←おすすめ!!
  • テクノロジー系
  • 商品ガイドブック
  • テーマ別のカタログ ←おすすめ!!
  • 建築実例集 ←超オススメ!!

以下で、資料請求するなら絶対に揃えておきたいカタログを紹介します。

①総合カタログ

ハウスメーカーの総合カタログ

なんだかんだで手元に置いておきたいのが各社の総合カタログです。

どのメーカーも力を入れている1番分厚いカタログで、これを見ればそのハウスメーカーの基本知識はマスターできます。

スーツくん
スーツくん
保証内容やメンテナンス頻度も見比べられて便利!!

②テーマ別のカタログ

テーマ別のカタログ

テーマ別のカタログも必要に応じて揃えておくのがベターです。

※よくあるテーマはこんな感じ↓

  • 家事ラク動線
  • ペットと暮らす家
  • 二世帯住宅
  • 平屋住宅
  • 電気の自給自足 など

テーマ別のカタログを見れば、各社のこだわりポイントや間取り例なども分かります。

たとえそのハウスメーカーを選ばなくても、今後役立つ情報が載っているので、こちらもぜひ。

③建築実例集

建築実例集

「建築実例集」は絶対に揃えておきましょう。カタログのなかで1番役に立ちます。

建築実例集の良いところは

  • 実際の戸建てサイズで確認できる
  • 土地面積や延べ床面積もわかる
  • こだわりポイントが勉強になる
  • 住んでみたリアルな感想も

など、他のカタログには載っていない“リアル”が分かります。

▼こんな感じ▼

総合カタログに載っているような立派なおうちでは、いろいろイメージしづらい部分もありますよね。

そんな時も、建築実例集を見れば、リアルな戸建てサイズで具体的な暮らしをイメージできちゃう!!

スーツくん
スーツくん
資料請求するなら、建築実例集は揃えておくのがおすすめ!!

④興味のある方はどうぞレベルのカタログ

テクノロジー系の冊子や商品ガイドブックは、興味のある方はどうぞといったレベルです。

個人的には、YouTubeやネットで調べたほうが分かりやすいので、無理に揃える必要はないと思います。

テクノロジー系(構造・性能)

構造や性能

ハウスメーカーの構造や耐震・断熱性能について、画像やイラストで解説されています。

住まいづくり超初心者の方なら、わりと参考になるかも。

商品ガイドブック

商品ラインナップ

商品ガイドブックは、このハウスメーカーにはこんな商品があって、それぞれこんな特徴だよーという冊子です。

パッと開いて、商品ごとの外観を比較できるのは良い。

資料請求は無料。ありがたく使わせてもらおう

まとめ:迷っている時間があるなら、資料請求をしよう

まとめです。

この記事にたどり着いた方のなかには、いろいろ不安で資料請求について調べている人もいるかと思います。

でも、正直その時間はムダかもしれません…。

スーツくん
スーツくん
無料で手に入るので、そもそもリスクなんてない!!

カタログを揃えること自体はめちゃくちゃ大切ですが、揃えるのに時間をかけるのは正直もったいないです。

むしろ、時間を書けるべきはカタログを揃えてからの情報収集ですよね。

後悔しないために、やれることは全てやろう

マイホームは一生に一度の買い物。人生で1番大きな買い物です。

ハウスメーカーに勤めて9年、これから60年住むマイホームなのに後悔している人もたくさん見てきました。

慎重になりすぎて損はありません。情報やアイデアはどれだけ集めてもムダにはなりません。

無料で使えるものは、全て使わせてもらいましょ!!