資料請求

【全部言う】タウンライフ家づくりのレビューと口コミ評判【後悔したくない人向け】

タウンライフ家づくりの口コミ評判レビュー

住まいづくりの情報収集をしていると「タウンライフがおすすめ」ってよく見かけるけど…実際のところ、どうなの?

しつこい営業の電話やアポなし訪問がないか等も教えて欲しい。

そんな方に向けて、この記事ではタウンライフ家づくりのレビューや評判を正直に書きます。

この記事を読めば、

  • タウンライフを使うメリット
  • 知っておきたい注意点
  • 営業を受けないために入力する内容

なども分かるようになっています。ぜひ参考にしてみてください。

▼この記事を書いた人▼

この記事を書いた人

※僕もマイホームを検討している段階で「タウンライフ家づくり」を利用しました。

今回は、実際に体験して分かったメリットデメリットもお伝えします。

【タウンライフ家づくりとは】

タウンライフ家づくはカタログを一括請求できるサイトです。

単なる資料請求サイトではなく、要望に合わせた間取りプランや資金計画も送付してくれるのが大きな特徴。

スマホ3分&完全無料で、累計112万人以上が利用しています。

タウンライフ家づくり(公式サイト)

 

【不安点まとめ】タウンライフ家づくりのよくある質問

【不安点まとめ】タウンライフ家づくりのよくある質問

“タウンライフ家づくり”って、住まいづくり以外では決して聞くことがない名前なので、いろいろ心配ですよね…。

僕自身、タウンライフ家づくりを利用するにあたり、いくつか不安な点がありました。

というわけで、先に疑問点や不安点についてまとめておきます。

スーツくん
スーツくん
気になるところをクリックしてください。
電話営業やアポなし訪問のリスクはあるの?

詳しくは後述しますが、要望欄に「連絡はメールだけにして」という旨を書いておけば、メール以外の連絡は来ません。僕は5社に資料請求して、1社からも電話や訪問はありませんでしたよ。

もし営業の電話や訪問があった場合はどうすればいい?

電話は無視、訪問は居留守でOKです。ハウスメーカー社員からしても「反応ナシ」が当たり前なので、ご安心を。※もちろん興味がある場合は話を聞きましょう。

万が一しつこい営業を受けたら「他社に決めた」「新築の話は流れた」と言えば、必ず手を引きます。

本当に無料?あとから料金がかかったりしない?

無料です。1円もかかりません。タウンライフを利用して半年以上経ちますが、僕は1円も払っていません。

どうして無料でそこまでやってくれるの?

見返りが大きいからです。1件あたり3,000万円以上の見返りがあるので、カタログも間取りプラン作成もハウスメーカーにとって負担になりません。

タウンライフで何が手に入るの?

カタログ・間取りプラン・内観外観イメージ図・見積もり書・土地情報などです。もらえるかどうかはハウスメーカーや工務店のさじ加減です。

間取りがもらえなかったという口コミもあるけど?

【要望欄】に具体的な間取りイメージやこだわりを書かないと、ハウスメーカー側もどんな間取りを作ればいいのか分からないので、カタログだけを送付する形になるかと思います。書き方は後述しますが、しっかり書いておけば、間取りもちゃんともらえますよ。

ハウスメーカーや工務店は自由に選べるの?

予定建築エリアにあり、なおかつタウンライフに出稿している住宅会社は選べます。地元の小さな工務店などは出てこないことも多いので、1度入力して確認してみるのもアリだと思います。

※結論、タウンライフは意外としっかりしています。営業の電話や訪問もないので、シンプルにメリットしかありませんよ!

タウンライフ家づくり(公式サイト)

タウンライフ家づくりの仕組み

タウンライフ家づくりの仕組み

タウンライフ家づくりは、複数の住宅メーカーに一括でまとめて資料請求できるサイトです。

タウンライフが伝達役になることで、1つ1つモデルハウスを回ったり、公式HPから資料請求したりする手間を省くことができます。

※カタログはまとめて届くのではなく、各社から順次届きます。

タウンライフを利用して手に入るもの4つ

タウンライフを利用して手に入るものは全部で4つ

さて、タウンライフを利用して手に入るものは以下の通りです。

  • カタログ
  • 間取りプラン
  • 見積もり
  • おすすめの土地情報

1つのハウスメーカーから、上記4つの資料が入手可能です。

これが複数社になると、無料なのが申し訳なくなるほどのボリュームになります。

スーツくん
スーツくん
それぞれの中身を、実際の画像付きで紹介していきますね

①カタログ

タウンライフ家づくりでもらえるカタログ ライフルホームズの資料請求してみた

資料請求画面で選択したハウスメーカーの住宅カタログがもらえます。

カタログはいわば教科書のようなもので、住まいづくりには欠かせないアイテムですよね。

僕が利用した際は、どのハウスメーカーも3~5冊ほどカタログを同梱してくれました。

②間取り図(内観・外観パースも)

タウンライフ家づくりで入手したハウスメーカーの間取り タウンライフ家づくりで入手した工務店の間取り

希望予算やこだわりに合った間取りプランがもらえるのも、タウンライフならではのメリットです。

こうした間取りプランが複数のハウスメーカーから届くので、それぞれの提案をパッと比較できるのがすごく良い。

  • 自分たちの希望条件だと、こんな感じの間取りになるんだ
  • え、こっちのハウスメーカーの間取りのほうが良くない?
  • ここはもっとこうしたいな…

などなど、各メーカーのプランを見比べることで、初めて気づくポイントもたくさんありますよ。

▼外観パースや内観パースも▼

タウンライフ家づくりで手に入れた外観パース タウンライフ家づくりで手に入れた内観パース

また、ハウスメーカーによっては外観パースや内観パースまで一緒に入っているところもありました。

※上記画像は「積水ハウス」からもらったもの。

これが無料とか、便利すぎですね…

③見積もり(総額費用)

タウンライフ家づくりの資金計画書(見積もり)

ハウスメーカーによっては、大まかな【見積もり書】も送ってくれます。

モデルハウスで打ち合わせをしなくても、希望する間取りや坪数だと、総額どれくらいするのか?もひと目で分かります。

この見積もり書も、他の資料請求サイトでは絶対に手に入りません。

スーツくん
スーツくん
見積もり書は、本来ならモデルハウスで打ち合わせをしないともらえないものです。

ちなみに、この見積もり書は【値引き交渉のアイテム】としても使えます↓

○○ホームさんは○○万円だったから、そこまで下げてもらえれば契約するんですけど…みたいな感じです。

※「相見積もり」といいます。

④おすすめの土地情報

タウンライフ家づくりの土地提案

土地がまだ決まっていない人は、大まかな予定地を伝えれば、おすすめの土地情報もプリントやPDFでもらえます。

ハウスメーカーが所有している土地やプロが探してくる土地は

  • 利便性
  • 周辺環境
  • 地盤
  • 日当たり

などもすべて考慮されているので、土地探しからスタートする人にはなかなか嬉しいサービスですよね。

※僕は実家の建て替え予定だったので、タウンライフで土地情報はもらっていません。

スーツくん
スーツくん
というわけで、まとめると以下がタウンライフで手に入るものです。
  • カタログ
  • 間取りプラン
  • 見積もり書
  • 土地情報

これらがすべて無料で手に入ります(しかも複数社から)。

本気で住まいづくりを失敗したくないと考えている人は、ぜひタウンライフを活用させてもらいましょ。

※僕たちが利用して、損をする可能性はゼロです。

タウンライフ家づくりの公式サイトはこちら

タウンライフの体験談とレビュー【便利すぎます】

タウンライフの体験談とレビュー【便利すぎます】

ここからはタウンライフを使ってみたレビューとして、

  • 実際に入力した内容
  • 資料が届くまでの日数

なども共有したいと思います。

ちなみに、僕がタウンライフを利用しようと思った理由がコチラ↓

  • 1社だけモデルハウスに行ったけど、提案された間取りが微妙だった…
  • もう何社か回ってみたいけど、モデルハウスに行くのが面倒。
  • 気になるメーカーのカタログと間取りは、ラクして集めちゃおー。

こんな感じです。

モデルハウスで2~3時間打ち合わせをするのも大変だし、その都度断るのも心苦しい…。

ネットで手に入るなら、楽してネットで集めちゃおー、です。

こんな感じで入力したよ【実際の流れや手順】

  1. タウンライフ家づくり(公式サイト)へアクセス
  2. 建築予定エリアを選択(都道府県と市区町村)
  3. 家族構成や希望条件を入力
  4. ハウスメーカーや工務店を選ぶ

タウンライフ家づくりの利用方法は、上記の4ステップです。時間にすると、スマホで10分くらい。

いくつか注意点もあるので、ぜひ以下も読み進めてください。

▼うわ、結構入力しないとダメじゃん…▼

タウンライフ家づくりの入力

しょっぱなから面食らったのですが、入力項目が意外と多い!!

タウンライフの場合、間取りプラン作成のために必要な情報も、入力フォームで全て伝えなければいけない。

※あなたも最初は項目の多さに「うわっ」となるかもしれません…。

▼僕が入力した内容です▼

希望世帯 1世帯
何階建て? 2階建て
住む予定人数 大人2人・子ども2人
何LDKを希望? 3LDK
希望の家の広さ 37坪
LDKの広さ 20畳
土地の大きさ 120㎡
水周り 広くしたい・使い勝手を重視したい
希望の総予算 4,500万円

上記はすべてタブで選択するだけだったので、一瞬で終わります。

本番はここからです。

▼要望やこだわりを伝える入力欄!!▼

タウンライフ家づくり

資料請求で最も時間がかかるのが「間取り・資金作成でのご希望やご要望」の入力欄です。

ここに希望する間取りやこだわりポイントを書いておかないと、理想の間取りプランは上がってきません。

※空欄のままや情報が不十分だと、間取りプランはもらえないはず。

▼僕が実際に書いた内容▼

  • 世帯年収は○○万円。頭金等の資金計画も相談したい
  • 土地アリ(※詳細な情報を記載しました)
  • 駐車場は2台
  • リビング内階段に興味あり
  • 主寝室には大きめのウォークインクローゼットが欲しい
  • 子ども部屋は2つ
  • 対面キッチン、パントリーもできれば欲しい
  • ※電話での連絡は控えていただき、メールで連絡をいただければと思います。

あまり要望を書きすぎると、逆に間取りを作るのが難しくなりそうなので…箇条書きで簡潔にまとめておきました。

実際の入力フォームにも記入例は記載されているので、それを真似しながら書けばOKです。

スーツくん
スーツくん
これで入力はすべて完了!

▼建築エリアのハウスメーカーを選択▼

タウンライフ家づくりで選べるハウスメーカー タウンライフ家づくりで選べるハウスメーカー2

【要望欄】の入力を終えると、選択した建築エリアのハウスメーカーや工務店がバーッと表示されます。

その中から、カタログや間取りプランがほしいハウスメーカーにチェックを入れればOKです。

スーツくん
スーツくん
僕は表示された7社のうち、気になる5社にチェックを入れました

▼資料請求が完了▼

タウンライフ家づくりの申し込み方法

これで資料請求は完了です。時間にすると10分くらいでした。

希望条件を書く欄だけちょっと頭を使いましたが、他の部分はサクサク終わります。

あとはカタログや間取りプランが届くのを自宅で待つだけです。

タウンライフ家づくり(公式サイト)

 

さっそく2日後に資料が届きました

ハウスメーカーのカタログ請求

申し込んでから2日後、さっそく1つのハウスメーカー(住友不動産)から大きな封筒が届きました。

封筒の中に入っていたものは以下の通り。

  • カタログ5冊
  • 間取りのラフプラン
  • 建築事例のパンフレット3冊
  • 家づくりの流れの冊子 など

上記の通り、数冊のカタログと一緒に、間取りプランや内観パースも入っていました。

タウンライフ家づくりでもらった住友不動産の間取りプラン タウンライフ家づくりでもらった住友不動産の内観パース

間取りプランは簡易的なものでしたが、要望を汲んだ間取りになっていたので、なんか嬉しかったです。

※こんな感じの間取りになるんだ、っていうイメージも湧いた!!

また、同時に以下のようなメールも来ていました。

より具体的な間取りや資金計画を作成するため、詳しいご要望や土地条件をお聞きしたいのですが、一度お会いできますか?

さすがにこうした営業メールの1通や2通はきますよね(向こうも無料でやってるんだし)

※他に気になるハウスメーカーがあったので、今回はお断りさせていただきました。

後日、残りの4社のカタログも到着!

後日、残りの4社のカタログも到着!

それからさらに2日後、別の4社からカタログが届き、そのうち3社からは間取りプランがもらえました。

残りの1社からは

間取りプラン作成のため、土地の情報や詳しいご要望をお聞きしたいのですが、1度お会いすることは可能でしょうか?

といった感じのメールが来ました。

ある程度覚悟はしていましたが、こういうハウスメーカーもなかにはありますよね…。

スーツくん
スーツくん
タウンライフも、依頼後の対応は各メーカーに任せているそうです

【補足】その後も営業は一切なかった

ハウスメーカーの営業マン

タウンライフを利用してからすでに6か月以上経ちますが、一度も電話営業やアポなし訪問は受けていません。

※お金も一切払っていない。

タウンライフを利用する前は営業の電話や訪問が不安でしたが、使ってみると意外とアッサリで大丈夫でした。

タウンライフ家づくり(公式サイト)

あえてデメリットを挙げるなら…

あえてタウンライフのデメリットを挙げるなら、以下の3点です。

①入力項目が多い

タウンライフでは、間取りプラン作成のために

  • 希望する間取り
  • 予算
  • 家族構成

などを入力する必要があります。

そのため、他の資料請求サイトよりも入力項目は多くなっています。

※とはいえ、スマホで10分もあればできるので、これは特に問題なし。

②間取りや見積もりはラフになる

タウンライフ経由でもらえる間取りや見積もりは、わりと大雑把でラフなものになります。

これはある意味仕方がないことで、作成する側としても、

  • 実際に土地の調査などもできない
  • 細かい仕様の希望も分からない
  • 無料

こうした条件で、詳しい図面や見積もりを作るのは難しいんだと思います…。

ただ、住まいづくり初心者の方が詳細な図面をもらったところで「なんだコレ…?」となってしまうもの。

ラフで見やすい間取りのほうが助かる人も多いかと思います。

③カタログ集めだけなら、別サイトを推奨

商品ラインナップ

シンプルにカタログだけを集めたい人には、ぶっちゃけタウンライフは不向きかもしれません。

なぜなら、タウンライフは入力項目が多く、カタログの種類も選べないからです。

タウンライフはあくまで間取り作成のサービスなので、カタログ集めが目的ならライフルホームズ1択です。

関連記事:【6日で20冊以上】ライフルホームズ資料請求の体験レビュー

営業の電話や訪問がイヤな人におすすめの対策法

営業の電話や訪問がイヤな人におすすめの対策法

資料請求サイトに電話番号や住所を書くと、あとからしつこい営業を受けそうで不安…

そんな方もご安心を。あらかじめ営業を回避する方法があります。

タウンライフの入力フォームには「ご希望やご要望」という欄があるので、そこに

電話でのご連絡は控えていただければと思います。連絡はメールでお願いします。

と書いておけば、それでOKです。

万が一それでも電話営業やアポなし訪問があった場合は、

他社で決めました。

と言ってください(ウソでもOK)。

そうすれば、営業マンは絶対に手を引きますよ。

タウンライフはこんな人におすすめ

タウンライフ家づくりが役に立つのは、以下のような人です。

例1 住まいづくり初級~中級者
例2 希望の間取りや部屋数は決まっているけど、具体的な間取りや費用のイメージが沸かない…
例3 1度モデルハウスに行ってみたけど、提案された間取りが微妙。他のハウスメーカーの提案も見てみたい。

上記に当てはまる人なら、タウンライフを利用する価値はかなり大きいはずです。

間取りや費用の具体的なイメージを掴みたい人や、複数の間取りを比較したい人向けと思っておきましょう。

他の資料請求サイトと「タウンライフ」の違い

他の資料請求サイトと「タウンライフ」の違い

資料請求サイトは他にもいくつかあります。

僕も有名どころはひと通り利用しましたが…ぶっちゃけ他のサイトはカタログ集めにしかなりませんでした。

項目 LIFULL
HOME’S
SUUMO タウンライフ家づくり
お手軽
カタログ
特典
間取り図
資金計画
土地案

ホームズやスーモなどの資料請求サイトも、お手軽にカタログを請求することができます。

ただし、間取りプランや資金計画書がもらえるのは【タウンライフ家づくり】だけです。

  • ハウスメーカーごとの費用や間取りを比較したい
  • 自分たちの希望する条件を一度形にしてみたい

という人は、タウンライフ1択です。

タウンライフは使わないと損【メリットが多すぎる】

【タウンライフは使わないと損】1円もお金はかからない

というわけで、「タウンライフを使ってみようかな」と悩んでいる人は、このページを早く閉じて、パッと資料請求しましょう。

タウンライフはしつこい営業もなく無料で利用できるので、そもそもリスクなんてありません。

▼タウンライフを使うメリット▼

  • 気になるハウスメーカーのカタログがもらえる
  • 自分たちの理想を「間取りプラン」で確認できる
  • 複数社の提案を比較できる
  • 大体の予算イメージも掴める
  • 土地がない人は、おすすめの土地も教えてくれる
  • モデルハウスで何度も打ち合わせしなくていい!!
  • 結果、休日も住まいづくり以外のことに使える
  • 見積もり書は今後の値引き交渉アイテムにもなる

これだけのメリットがあって、完全無料です。

僕はタウンライフを使うことで、いろいろ手間も省けて、確実に家づくりは前進しましたよ。

タウンライフ家づくり(公式サイト)

タウンライフ家づくりの口コミ評判

口コミ

タウンライフ家づくりの口コミ評判もいくつかピックアップしてみました。

こちらも参考にしてみてください。

タウンライフ家づくりの悪い口コミ

7社のハウスメーカーに資料を請求したけど、間取りや資金計画は5社しかもらえなかった。

地元にある工務店が資料請求の候補に出てこなかった。

メールで「1度お会いしたい」と連絡が…。断るのが面倒くさかった。

どんな資料請求サイトでも、1通や2通は「お会いできませんか?」というメールは来ます。

※資料請求からその先につなげるのも営業マンの仕事。

ただ、営業のメールは基本的に無視してOKです。ハウスメーカー側も無視されるのが当たり前だと思っています。笑

スーツくん
スーツくん
もちろん興味がある場合は、返信してモデルハウス見学の予約をしちゃいましょう。

タウンライフ家づくりの良い口コミ

気になっていたハウスメーカーの資料が全部手に入った。住宅展示場に行く手間が省けて良かった。

自分の希望に合う間取り図をもらえた。その後、設計士さんともスムーズに打ち合わせできて、理想の家を建てることができた。

タウンライフで入手した見積もり書を他のハウスメーカーに見せたら、「安くします」と返答が…結果的に300万円以上の値引きに成功した。

僕も実感しましたが、タウンライフを利用する最大のメリットは、モデルハウスを回る手間が省けることです。

本来なら、間取りプランや見積もりは、ハウスメーカーのモデルハウスにを1つずつ回って手に入れなければいけません。

それが自宅にいながらスマホ1つで入手できるのは、やっぱり良い!!

タウンライフ家づくり(公式サイト)

まとめ:リスクゼロなので利用しちゃおう

まとめ:リスクゼロなので利用させてもらいましょ

まとめです。

「タウンライフ家づくりなんて1度も使ったことがない」という人からすると、個人情報を渡したりするのはやっぱり不安ですよね。

スーツくん
スーツくん
ただ、実際に使ってみるとなんてことはありませんでした。

そもそもタウンライフは無料なので、リスクはゼロ。メリットしかない。

また、自分たちの中でなんとなく理想の間取りイメージを持っていても

  • 素人が考えた間取りは、構造上の制約などで実現できない
  • 総額費用も実際にハウスメーカーに聞かないと分からない

というのが実際のところです。

それならパッとお願いしちゃって、次のステップに進んだほうが賢いですよね。

後悔しないために、やれることは全てやるべき

マイホームは一生に一度の大きな買い物です。

慎重になりすぎて損はありません。アイデアや情報はどれだけ集めてもムダにはなりません。

3000万円以上の買い物を後悔したくないなら、無料で使えるものはすべて使うべきだ。

僕はそう思っていたので、迷わずタウンライフを利用しました。

実際に利用して良かったし、確実に住まいづくりは1歩前進しましたよ。

タウンライフ家づくり(公式サイト)

 

スーツくん
スーツくん
住まいづくりで後悔しないためにも、やれることは全てやりましょう!!